スキンケアの基本アイテムは化粧水と美容液そして乳液やクリーム

それぞれの役割の意味を理解して使う

スキンケアの基本的や役割には乾燥や紫外線などから肌を守って潤いを保つ働きがあります。それぞれに役割を持っていて、クレンジングでメイクなど油分がある汚れを落として、洗顔でほこりや汗などの汚れを落としていきます。化粧水には肌に潤いや美容などの成分を与えて次に使うスキンケアを馴染みやすくします。美容液は美容成分が豊富に含まれていて自分の肌が欲している成分が含まれているものを選んで肌の奥底まで浸透させていきます。乳液は水分と油分を肌にプラスする役割と事前に補った水分を蒸発しないための蓋の役割を持っています。クリームは油分を補い、肌を柔らかくする働きがあります。油分量が低下しやすい30代後半からの利用がおすすめです。

基本的な使い方とライン使いの効果

スキンケアは正しい使い方をするとより効果を発揮します。基本的な使い方はメーカーの指定がない限り化粧水から美容液そして乳液やクリームですが、美容液を油分豊富な乳液やクリームのあとに使ってしまうと浸透しにくくなり効果が半減してしまいます。ライン使いをする人しない人に分かれますが、同じブランドのライン使いをするメリットはそれぞれのアイテムの相乗効果を期待することができる点です。他にも美白効果やアンチエイジング対策と目的に集中的にケアするため効果が実感しやすくなります。正しい順番で使いライン使いをするとより美容効果を発揮することができます。ライン使いは無理をして高額なアイテムで揃えてしまうと使用量が少なくなってしまうと折角の効果を得られなくなってしまいます。最近はリーズナブルな金額でラインで揃えることもできますので無理なく使えるものを選んでいきます。ライン使いをしてしまうと美白やアンチエイジングなど得られる効果がひとつに限定されてしまいます。自分の肌質からどんな成分が必要なのかを見極めればライン使いをしなくても大丈夫です。

正しい量とひと手間加えるとより効果がアップする

スキンケアの正しい使い方は化粧水は大量に使えばよいということではなく、適量を2~3回にわけて手で温めながら肌に馴染ませます。頬だけでなく、鼻の周りや顎なども忘れずに塗っていきます。力強くパッティングしてしまうと毛細血管が痛んでしまって顔が赤くなってしまいます。手のひらで優しく押しながら馴染ませていきます。美容液は手のひらに出してから指でクルクルと円を描き温めます。温めると浸透力がアップします。手のひらに出した美容液を一気につけるのではなく、2~3回にわけて塗って気になる部分に重ね塗りしていきます。乳液は化粧水と美容液がしっかり肌に馴染んだことを確認してから塗っていきます。コットンよりも手のひらでつけていくとモチモチ肌になります。ただし、つけ過ぎるとべたついてしまうため温めながら少しずつ伸ばしながらつけていきます。

ピックアップ記事一覧